燃えて散るのが華

当麻乗越リベンジならず

二週続いての山行です。
今回は入会3年目の自然サークル会での登山です。
せっかくの3連休でしたが、真ん中の7/16日の天気予報は雨。
なんとか外れてほしいと祈りながら旭川を6時に出発。
コースは二年前の9月に縦走予定だった旭岳・姿見〜愛山渓温泉の途中「当麻乗越」までの往復。
花畑と美しい高層湿原が見れるコース・・・の筈。

旭岳ロープウェイ・姿見駅8時過ぎにに出発。
姿見駅を出たころは曇っていましたが、まだ旭岳の裾は見れていました。
風もほとんどなく、気温も半袖とアームカバーでちょうど良いくらい。
今思えば、嵐の前の静けさだったのかも・・。
鏡池を過ぎたあたりで旭岳が姿を見せてくれました。
DSC_0012 (360x203) (2) - コピー

チングルマのお花畑の中を進み、裾の平へと向かいます。
途中、キバナシャクナゲやエゾノ小桜など可憐な花も咲いていました。
雨を気にしていたため、ケイタイ写真をまめに撮ることができませんでした
裾の平・中岳分岐に10時前に到着。
大塚・小塚が見えました。
DSC_0015 (360x203)

いつ雨が降ってもよさそうな空模様に。
それでも9時から降る予報が外れていたので、淡い期待を持って更に歩きました。
・・・しかし無情にも雨が
レインウェアを装着し雨の中を40分ほど歩き、難所ピウケナイ沢に到着。
しかし今回はピウケナイ沢を渡る前で、引き返しとなりました。
遠くで雷鳴がなり始めたことと、沢の水がすぐに増水するため帰りが危険との判断。
帰道はまたしても雷雨の中の山行となりました。
所々にナナカマドの木陰もありましたがほぼ遮るものはなく、2キロ先で落雷もあったりでドキドキ
同じころ旭川でも集中豪雨で電車が止まっていたり、落雷で停電になっていたようです。
帰りはただ黙々と雨の中を歩き、2時間弱で姿見駅へ戻ることができました。

今回も二年前のリベンジ・当麻乗越へたどり付くことが出来ませんでした。
でも沢を渡るために履いた長靴がとても快適で、ちょっと得した気分になりました
次こそは当麻乗越にたどり着いて、神々の庭を堪能したいと思います
スポンサーサイト

三度目のニセイカ

7月に入り、一気に猛暑へ。
去年まではクーラー病になる位だったのに、今年は暑い職場で毎日ぐったり。
ますます走る気は低下し、夜ランもサボり気味です。

遅くなりましたが7/8に、前職の美女山岳会で私の大好きな山、ニセイカウシュッペに出かけました。
2年ぶりのニセイカです
6時に旭川を出発。
北見へ向かう途中・表大雪山見を層雲峡で挟んだ向かい側にある北大雪の山です。
7時50分に登頂開始。
しばらくは森林の中の歩きやすい登山道をすすみます。
1時間ほど進んだところで、視界が開け表大雪の山並みが見えました。
DSC_1210 (360x203)

見晴らし台に到着。
何度見ても飽きないギザギザ「アンギラス」と山並み。
残雪の白が更に素敵でした
DSC_1212 (360x203)

左の平べったい形の山が目指すニセイカの山頂です。
DSC_1208 (360x203)

チングルマが沢山咲いていました。
DSC_1211 (360x203)

ツガザクラの淡いピンクに癒されます。
DSC_1215 (360x203)

11時に山頂へ到着。
三度目にしてやっと晴れた景色を眺めることができました
DSC_1216 (360x203)
DSC_0001 (360x203)

この日の旭川の最高気温は34度となっていましたが、ニセイカの頂上は風があり少し肌寒いくらい。
お昼のカップラーメンが美味しかったです。
11時半に下山開始。

大槍とアンギラスの裏側です。
DSC_0009 (360x203)
裏側の山容も素敵でした
また来年も素敵なアンギラスの雄姿をみに来たいとおもいます

6月のレース

早いもので今年も半年が過ぎようとしています
洞爺湖のフルを終え、千歳、鷹栖といつもの大会への出場。
同じ大会への参戦、走り慣れた同じコースなのに、不思議と見える景色が毎年違います。
千歳のハーフは2時間8分台。
鷹栖の10Kも55分台。
あまり良い景色で走れません。
来月の士別は、前半最後のレース。
せめて楽しく走りたいと思います

マラソンの神様の使者との再会

遅くなりましたが、5月21日に洞爺湖マラソン・フルに参戦しました。
昨年に続く二回目のレースです。
前日にバスで5時間かけて移動して、現地入り。
今年も晴天で、洞爺湖から羊蹄山を見ることができました。
DSC_1185 (360x203)
この日は北海道全体が暑くまるで初夏のようで、山間の洞爺湖も夕方になっても半袖でちょうど良い気温でした。
次の日が暑くならない事を祈りながら、洞爺湖名物のロングラン花火を見たあと、早めの就寝としました。

当日の天気は晴れ。
風はあったものの、前日から晴天なこともありレーススタートの気温は17度。
去年も晴れてはいましたが、空気が渇いているせいか日差しも強く感じました。
練習不足な上に、暑い気温。
制限時間の5時間半で帰ってこれる自信はありませんでした。
DSC_1186 (360x203)
去年はハーフまではなんとか6分ペースで走り、後半失速も4時間38分でゴールができました。
今年は6分15〜30秒ペースで行けるところまでと考えながらスタート。
しかし走り込み不足は正直で、10K過ぎから苦しい状況に。

Start  00:01:29  09:31:29
5km  00:31:51  0:30:22
10km 01:03:38  0:31:47
15km 01:35:35  0:31:57
20km 02:08:09 0:32:34

20Kを過ぎてコースは一度湖を離れ、山間に片道3kの上り坂へ。
颯爽と折り返しの下りをすれ違っていくランナーを尻目に、途中の坂道でとうとう歩いてしまいました。
補食をしてすぐに走りだしたものの、ペースは落ちるばかり。
直射日光と上がる気温にも対応できず、リタイヤすることを考えはじめました。
27Kを過ぎたエイドで立ち止まってからはなかなか走り出せず
30Kのエイドでリタイヤすることを決めました。
名物のシソジュースを飲んだら、今回は終了。
はじめてのDNSになる悔しさもなく、ただ苦行に心が折れて淡々と走っている時でした。
後ろから私に声をかけてくれるランナーが
はじめは誰かわからなかったものの、素敵な笑顔に記憶がよみがえりました。
それは5年前の初めてフル・千歳JALマラソンで最後の6Kを一緒に走ってくれた方でした。
サロマ湖ウルトラマラソンの常連さんで、見ず知らずの私にフル5時間切を手伝ってくれた方でした。
私の方は恩人の名前さえ忘れていたのに、私のゼッケンナンバーをプログラムで探してくれてたなんて
奇跡の再会に喜びつつ、30Kのエイドまで積もる話をしながらリードしてもらいました。
シソジュースとチーズケーキを捕食し、その後も32Kまでなんとか一緒に走ることができました。
「ここまで来たら残りは7分ペースでゴールだね~」
別れ際に恩人はさわやかな笑顔で去っていきました。

中間点 02:15:57
25km 02:46:00 0:37:51
30km 03:27:39 0:41:39
35km 04:09:48 0:42:09

コースが木陰に入り、その後の3Kは歩いたり走ったりの繰り返し。
最後の5Kはゴール地点のホテル街が対岸にみえているのに、なかなか近づけない
5Kが本当に遠く感じました。
38キロ過ぎから再び走りはじめ、最後の関門を10分前に通過。

40km 04:56:19 0:46:31
Finish 05:12:39

ワーストタイムでしたが、完走出来たことに本当に感謝です
またしても助けてくれたあの方は、私にとってマラソンの神様の使者です
次にあえる事を信じ、今度は私が探して必ずお礼を言う
新たな目標を見つける事ができました

紋別へ

すっかり更新が遅くなりました。
雪が融けて4月からはフルマラソンに向けて走込み・・・・。
結局22kの練習を一回で、洞爺湖マラソンまでとうとう一週間になってしまいました
練習部不足なうえに、体力不足。
5時間半の完走さえが厳しいのに、帰りは16時発のバスを予約してしいました。
果たして旭川に無事に帰ってこれるのか・・・。
と今さら嘆いても仕方がないので、今回は遅くなりましたがGWのつかの間の休日報告です。

5月4日に海と海鮮丼を目当てに、オホーツク海・紋別へと出かけてきました。
マラソン大会以外のひさしぶりの遠出。
とはいえ100Kほど、高速道も延長されたので車で3時間ほどで紋別へ到着しました。
到着したのはちょうど12時だったので、早速海鮮丼のある店を探しました。
なんとなく海沿いの道に車を走らせていくと、沢山の車がとまっている一角を発見。
水産会社「マルカイ水産」で営業している食堂でした。
2階にある食堂は海鮮丼をはじめ炉端焼きも出来る広いスペース。
すでに他のお客さん達が炉端焼きのいい匂いを醸し出しています
早速、私と母は海鮮丼とお奨めの「あぶら蟹(タラバもどき)」の爪セットを注文。
GWなのに従業員さん総出で、店を切り盛りしています。

DSC_1175 (360x203)
DSC_1172 (360x203)
海鮮丼は珍しいニシンの刺身や大きいエビ、もちろん蟹の身と、蟹の味噌汁もついて1300円ととてもお得。
蟹の爪も、写真ではあまり大きくありませんが、二人でちょうど良い量です。
無言で蟹と格闘しながら、どちらも美味しくいただきました。
アブラガニは久しぶりで、一年分の蟹をたべた気分でした

食後は、かまぼこで有名な出塚水産さんにもよりました。
店はここも大混雑。
みなさん、その場で揚げてくれる大量のかまぼこを持って並んでいます。
既に昼食後でしたが、熱々のかまぼこを食べている人も沢山いて、とても美味しそうでした。

最後に紋別道の駅の側にある、有名なスポットへ向かいました。
DSC_1177 (203x360)
対象物を入れなかったので、大きさが伝わりづらくてごめんなさい。
高さが12mで幅が6m・重さが約7トンのオブジェになっています。
昭和58年に作られたらしく、当時は蟹の爪のほか鮭の親子やピラミッドなどもあったそうです。
でも壊れてしまい、蟹の爪だけが残り、ここで展示されているそうです。
夜はライトアップされ、幻想的になってるようです
30年以上たっているのに、未だに健在で蟹の美味しさを伝えている貴重なオブジェ
紋別の海鮮を堪能できました。

洞爺湖マラソンもとりあえず完走目指して頑張ります。
明日は名寄で、今年初レース・10Kに参戦してきます。
FC2プロフ
プロフィール

もしゃこ

Author:もしゃこ
アラフォー女の独り言

フリーエリア

フリーエリア
最新記事
最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター